top of page
  • 執筆者の写真西川 浩樹

デジタル遺産と相続問題


デジタル遺産

近年、デジタル化が進むにつれて、相続においてもデジタル遺産の扱いが重要になってきています。デジタル遺産とは、SNSやメール、写真、動画などのデジタルデータのことです。これらのデータは、故人の想いや記憶を残す大切なものです。しかし、デジタル遺産は相続の対象とならないことが多いため、相続人がアクセスできずに困るケースも少なくありません。


デジタル遺産の相続トラブル

デジタル遺産の相続においては、以下のトラブルが発生する可能性があります。

  • デジタル遺産の存在がわからない

故人がデジタル遺産の管理をしておらず、相続人がその存在を知らないケースです。この場合、相続人はデジタル遺産を把握するために、故人のパソコンやスマートフォンなどのデバイスを解析する必要があります。

  • デジタル遺産にアクセスできない

故人のアカウントやパスワードがわからない場合、相続人はデジタル遺産にアクセスできません。この場合、故人のアカウントやパスワードを取得するために、故人の友人や知人に協力を求める必要があります。

  • デジタル遺産の扱いについて相続人間で意見が合わない

故人がデジタル遺産の扱いについて明確に指示を残していない場合、相続人間で意見が合わない可能性があります。この場合、遺言書やエンディングノートなどを確認し、故人の意思を尊重する必要があります。


デジタル遺産の相続対策

デジタル遺産の相続トラブルを防ぐためには、以下の対策を講じることが重要です。

  • デジタル遺産の管理

故人が生前に、自身のデジタル遺産の管理をしておくことが大切です。アカウントやパスワードをリストアップし、安全に保管しておきましょう。また、デジタル遺産の扱いについて、遺言書やエンディングノートに明記しておくのもおすすめです。

  • 相続人の協力

故人がデジタル遺産の管理をしておらず、相続人がその存在を知った場合は、早めに相続人間で話し合いを行いましょう。デジタル遺産の扱いについて、お互いの意見を尊重しながら、円滑に解決することが大切です。


私は、デジタル遺産の相続は、新しい時代の相続問題であると考えています。デジタル遺産は、故人の想いや記憶を残す大切なものです。そのため、相続トラブルを防ぐために、生前に適切な対策を講じておくことが重要です。


デジタル遺産の相続対策において、私が重要だと思うのは、以下の2点です。

  1. 故人がデジタル遺産を意識して管理すること

故人がデジタル遺産を意識して管理することで、相続人がデジタル遺産の存在を把握しやすくなります。また、故人のアカウントやパスワードを取得しやすくなります。


  2. 相続人がデジタル遺産の存在を把握すること

故人がデジタル遺産の管理をしておらず、相続人がその存在を把握できない場合、相続トラブルに発展する可能性があります。そのため、相続人は、故人が利用していたデジタルサービスやデバイスを把握しておくことが大切です。


デジタル遺産の相続は、新しい時代の相続問題です。デジタル遺産の相続トラブルを防ぐために、生前に適切な対策を講じておくことが重要です。具体的には、故人がデジタル遺産を意識して管理し、相続人がデジタル遺産の存在を把握しておくことが大切です。



LINE公式アカウント




閲覧数:5回

Opmerkingen


bottom of page