top of page
  • 執筆者の写真西川 浩樹

不動産を活用した節税対策を考える


不動産節税

不動産は、資産の大きな割合を占めることが多いため、適切な対策を講じることで、節税効果を高めることができます。


不動産を活用した節税のメリット

不動産を活用した節税のメリットは、大きく分けて2つあります。

1つ目は、税金を抑えることができることです。不動産は、その用途や立地条件などによって、税金の計算方法が異なります。そのため、不動産の特性や利用方法を工夫することで、税金を抑えることができます。

2つ目は、資産を守ることができることです。不動産は、現金や預貯金と異なり、インフレに強い資産です。また、不動産は、賃貸収入や売却益を得ることができるため、資産を守るだけでなく、資産を増やすこともできます。


不動産を活用した節税の注意点

不動産を活用した節税には、いくつかの注意点があります。

1つ目は、不動産の評価額が変動することです。不動産の価格は、市場動向や景気状況などによって変動します。そのため、不動産を節税対策として活用する場合は、不動産の評価額の変動リスクを考慮する必要があります。

2つ目は、不動産の管理や運用が必要になることです。不動産を収益物件として活用する場合は、入居者の募集や管理、修繕などの業務が必要になります。そのため、不動産の管理や運用にかかる手間や費用も考慮する必要があります。


私は、不動産を活用した節税は、あくまでも資産運用の一環としてご提案させていただいています。不動産は、資産の大きな割合を占めるため、適切な対策を講じることで、節税効果を高めることができます。しかし、不動産を活用した節税には、リスクも伴います。そのため、お客様の状況やご希望に合わせて、最適な対策をご提案させていただくことが大切だと考えています。


不動産を活用した節税対策の具体的な方法

不動産を活用した節税対策には、以下の方法があります。

  • 収益物件を活用する

  • 減価償却を活用する

  • 不動産を担保に融資を受ける

  • 不動産を贈与する

それぞれの方法について、簡単に解説します。

  • 収益物件を活用する

収益物件を活用することで、家賃収入を得ることができます。家賃収入は、不動産所得として課税されますが、他の所得と損益通算することで、節税効果を高めることができます。また、収益物件の評価額は、借家権(一律30%)を差し引いて計算されるため、相続税評価額を抑えることができます。

  • 減価償却を活用する

不動産は、耐用年数に応じて減価償却費を計上することができます。減価償却費は、不動産所得から控除することができるため、節税効果を高めることができます。

  • 不動産を担保に融資を受ける

不動産を担保に融資を受けることで、相続税の納税資金を借りることができます。ただし、不動産の評価額が相続税の納税額を上回る場合は、相続税の納税資金に充てるための売却益が得られなくなるため、注意が必要です。

  • 不動産を贈与する

不動産を贈与することで、相続税の課税対象となる財産を減らすことができます。ただし、贈与税が課税される可能性があるため、注意が必要です。


不動産は、資産の大きな割合を占めるため、適切な対策を講じることで、節税効果を高めることができます。不動産を活用した節税には、いくつかのメリットと注意点がありますが、お客様の状況やご希望に合わせて、最適な対策をご提案させていただくことが大切です。



LINE公式アカウント





閲覧数:2回

コメント


bottom of page