top of page
  • 執筆者の写真西川 浩樹

生命保険は相続対策の有効な手段?


生命保険

生命保険は、被相続人の死亡時に保険金が支払われる保険です。相続対策として、生命保険を活用することで、相続財産を増やしたり、相続税を減らしたりすることができます。 本記事では、生命保険の相続対策におけるメリットとデメリットを解説します。また、生命保険を活用した相続対策の具体例についても紹介します。

メリット:生命保険を相続対策に活用するメリットは、以下のとおりです。

  • 相続財産を増やすことができる

生命保険は、相続財産に含まれません。そのため、生命保険金を受け取ることで、相続財産を増やすことができます。

  • 相続税を減らすことができる

生命保険金は、相続税の非課税枠の対象となります。そのため、生命保険金を活用することで、相続税を減らすことができます。

  • 遺産分割を円滑にすることができる

生命保険金は、相続税の課税対象となる財産とは異なるため、遺産分割の対象とはなりません。そのため、生命保険金を活用することで、遺産分割を円滑に行うことができます。

デメリット:生命保険を相続対策に活用するデメリットは、以下のとおりです。

  • 保険料がかかる

生命保険は、保険料を払う必要があります。そのため、保険料を払うことで、相続対策の費用が発生します。

  • 受け取り方法が限定される

生命保険金の受け取り方法は、一括か年金かを選択することができます。一括で受け取る場合は、相続税の納税資金を確保しておく必要があります。

具体例:生命保険を活用した相続対策の具体例としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 法定相続人の相続税負担を軽減する

法定相続人の相続税負担を軽減するために、生命保険金を活用することができます。例えば、法定相続人が5人の場合、1人あたり500万円までの死亡保険金は非課税となります。そのため、法定相続人の相続税負担を軽減するために、500万円×5人=2,500万円の死亡保険金に加入することができます。

  • 遺産分割を希望通りにする

遺産分割を希望通りにするためには、生命保険金を活用することができます。例えば、長男に財産を多く残したい場合、長男を受取人とする生命保険に加入することができます。 生命保険は、相続対策として有効な手段の一つです。しかし、保険料がかかるなどのデメリットもあるため、メリットとデメリットをよく検討した上で、活用を検討する必要があります。 相続対策は、相続人全員が納得できる方法で行うことが大切だと考えています。そのため、生命保険を活用した相続対策を行う際には、相続人全員とよく話し合って、納得できる方法を検討することが重要です。 また、生命保険は、あくまでも相続対策の手段の一つです。相続対策には、遺言書の作成や贈与なども有効な手段があります。そのため、生命保険だけでなく、さまざまな相続対策を組み合わせて行うことも検討してみましょう。



LINE公式アカウント




閲覧数:2回

Comments


bottom of page