top of page
  • 執筆者の写真西川 浩樹

相続が争族にならないために必要な対策


争族

相続は、人生において避けて通れないイベントの一つです。しかし、相続をめぐって家族同士が争い、親族関係が崩れてしまうケースも少なくありません。

そこで、今回は相続が争族にならないために必要な対策について解説します。





1. 遺言書を作成しておくこと

遺言書を作成しておけば、自分の意思で遺産を分割することができます。遺言書があれば、相続人同士で遺産分割協議をする必要がなくなり、争いを未然に防ぐことができます。

遺言書の作成には、公正証書遺言、自筆証書遺言、秘密証書遺言の3種類があります。公正証書遺言は、公証人が作成するため、遺言書の形式や内容に不備がないか確認してもらえます。自筆証書遺言は、自分で作成できるため手軽ですが、形式や内容に不備があると無効になる可能性があります。秘密証書遺言は、自分で作成し、封印して2人以上の証人に保管してもらう遺言書です。

2. 相続対策を家族で話し合っておくこと

遺言書を作成しても、相続人同士で遺産分割協議をしなければならないケースもあります。このようなケースでも、家族で相続対策について話し合っておくことで、争いを未然に防ぐことができます。

相続対策の話し合いでは、以下の点について検討しておきましょう。

  • 遺産の評価

  • 遺産の分割方法

  • 相続税の対策

3. 相続税対策をしておくこと

相続税は、相続人が受け取る財産の額によって課税されます。相続税の負担が大きいと、相続人同士で遺産分割協議が難航する可能性があります。

相続税対策には、以下の方法があります。

  • 相続財産を減らす方法

  • 相続税の納税資金を準備する方法

相続税対策をしておけば、相続人同士の負担を分散し、争いを未然に防ぐことができます。

4. 相続について家族で話し合う機会をつくること

相続は、誰もが経験するイベントです。しかし、相続について話し合うことは、なかなか難しいものです。

相続について家族で話し合う機会をつくることで、遺産分割の希望や相続税対策について理解を深めることができます。また、相続について話し合うことで、家族の絆を深めることにもつながります。

5. 弁護士などの専門家に相談すること

相続は、複雑な法律問題が絡むことがあります。そのため、相続について不安な場合は、弁護士などの専門家に相談することをおすすめします。

弁護士などの専門家に相談することで、遺言書の作成や相続対策についてアドバイスを受けることができます。また、相続トラブルが発生した場合の対応についても相談することができます。


相続が争族にならないためには、遺言書を作成しておくことや、相続対策を家族で話し合っておくことが大切です。また、相続について不安な場合は、弁護士などの専門家に相談することをおすすめします。

相続は、家族にとって大切なイベントです。相続トラブルを未然に防ぐために、ぜひ対策をしておきましょう。



LINE公式アカウント



閲覧数:3回

Comments


bottom of page