top of page
  • 執筆者の写真西川 浩樹

相続土地国庫帰属制度とは?


空地

相続土地国庫帰属制度とは、相続等によって土地の所有権を取得した者が、法務大臣の承認を受けて、その土地の所有権を手放して、国庫に帰属させることができる制度です。

制度の概要

相続土地国庫帰属制度の概要は、以下のとおりです。

  • 対象となる土地:相続等によって取得した土地(農地を除く)

  • 対象となる者:相続人、遺贈受遺人、相続放棄をした者の代位者

  • 手続き:法務大臣に対して、承認申請を行う

  • 負担金:原則として20万円

制度のメリット

相続土地国庫帰属制度のメリットは、以下のとおりです。

  • 土地の所有権を簡単に手放すことができる

  • 土地の管理・処分に関する手間や費用を省くことができる

  • 土地の無断占有や不法投棄などのトラブルを防止することができる

制度のデメリット

相続土地国庫帰属制度のデメリットは、以下のとおりです。

  • 土地の所有権が国に移転するため、将来的に国が土地をどのように利用するかわからない

  • 土地の評価額に応じて負担金が発生する

相続土地国庫帰属制度の利用を検討すべき場合

相続土地国庫帰属制度の利用を検討すべき場合としては、以下のとおりです。

  • 土地を利用する予定がない場合

  • 土地の管理・処分に関する手間や費用を負担できない場合

  • 土地の無断占有や不法投棄などのトラブルを防止したい場合

相続土地国庫帰属制度の利用にあたっての注意点

相続土地国庫帰属制度の利用にあたっては、以下の点に注意が必要です。

  • 土地の所有権が国に移転するため、将来的に国が土地をどのように利用するかわからない

  • 土地の評価額に応じて負担金が発生する

  • 申請手続きには一定の期間と費用がかかる

相続土地国庫帰属制度は、相続によって不要な土地を抱えてしまった方にとって、非常に有益な制度であると考えています。

土地の管理・処分には、時間や費用がかかります。また、土地の無断占有や不法投棄などのトラブルも発生する可能性があります。

相続土地国庫帰属制度を利用することで、これらの問題を簡単に解決することができます。

ただし、土地の所有権が国に移転するため、将来的に国が土地をどのように利用するかについては、注意が必要です。

また、土地の評価額に応じて負担金が発生するため、その点も考慮する必要があります。

相続土地国庫帰属制度を検討する際には、これらの点に注意して、慎重に判断することが大切です。



LINE公式アカウント




閲覧数:8回

Comments


bottom of page