top of page
  • 執筆者の写真西川 浩樹

相続対策に小口不動産を活用するメリットと注意点

小口不動産とは、1口あたりの投資額が数万円から数百万円程度の、不動産を小口に分割した商品のことです。これまで、不動産投資というと、まとまった資金が必要で、専門的な知識や経験も必要とされてきました。しかし、小口不動産であれば、少額から始めることができ、専門知識や経験がなくても投資することができます。

相続対策として小口不動産を活用するメリットは、以下のとおりです。

  • 相続財産を圧縮できる

不動産は、相続税評価額が時価よりも低くなるため、相続財産を圧縮することができます。小口不動産であれば、1口あたりの相続税評価額も低いため、相続税の負担を軽減することができます。

  • 相続争いを防ぐことができる

不動産は、相続において争いの原因になりやすい財産です。小口不動産であれば、相続人がそれぞれ単独で所有することができるため、相続争いを防ぐことができます。

  • 生前贈与による節税が可能

小口不動産は、生前贈与の対象となるため、生前贈与による節税が可能となります。ただし、贈与税の課税対象となりますので、注意が必要です。

小口不動産を活用する際には、以下の点に注意が必要です。

  • 相続税評価額が低くても、実勢価格は高くなる可能性がある

相続税評価額は、時価よりも低くなる傾向がありますが、実勢価格は高くなる可能性があります。そのため、相続時に相続税評価額よりも低い価格で売却できない可能性がある点に注意が必要です。

  • 運用リスクがある

小口不動産は、不動産投資であるため、運用リスクがあります。そのため、投資する前に、運用リスクを十分に理解しておくことが重要です。

小口不動産は、相続対策として有効な手段の一つです。ただし、メリットだけでなく、注意点も理解した上で、活用することが大切です。


相続対策として小口不動産を活用することは、有効な手段であると考えています。しかし、相続税評価額が低くても、実勢価格は高くなる可能性があることや、運用リスクがあることを理解した上で、活用することが重要です。

また、小口不動産はあくまでも相続対策の一つであり、他の相続対策との組み合わせも検討することが大切です。

具体的には、以下の相続対策との組み合わせが考えられます。

  • 生前贈与

小口不動産を活用した生前贈与は、相続税の節税効果を高めることができます。

  • 遺言書の作成

遺言書を作成することで、相続争いを防ぐことができます。

  • 信託制度の活用

信託制度を活用することで、相続税対策や相続争いの防止を図ることができます。


相続対策は、一人ひとりの状況によって最適な方法が異なります。そのため、相続の専門家に相談して、最適な相続対策を検討することが大切です。



LINE公式アカウント



閲覧数:6回

Comments


bottom of page