top of page
  • 執筆者の写真西川 浩樹

相続財産の調査方法を解説!専門家に依頼するメリットとは?


相続財産

相続が発生した場合、まず行うべきことは相続財産の調査です。相続財産の調査とは、被相続人が亡くなった時点で所有していた財産をすべて把握することです。相続財産には、預貯金や不動産などのプラスの財産だけでなく、借金などのマイナスの財産も含まれます。

相続財産を正確に把握することは、相続税の申告や遺産分割を行うために必要不可欠です。また、相続人同士のトラブルを防ぐためにも重要な役割を果たします。


相続財産の調査方法

相続財産の調査方法は、大きく分けて「自分で行う方法」と「専門家に依頼する方法」の2つがあります。

自分で行う方法

自分で行う方法は、手間と時間がかかりますが、費用を抑えることができます。

具体的には、以下のような方法で調査を行います。

  • 自宅や貸金庫を探して、被相続人が所有していた財産を探す

  • 銀行や証券会社、不動産会社などに問い合わせて、被相続人の口座や保有物について照会する

  • 被相続人が加入していた生命保険や年金について調べる

専門家に依頼する方法

専門家に依頼する方法は、費用はかかりますが、正確かつ迅速に調査することができます。

具体的には、以下のような方法で調査を行います。

  • 相続税の申告を依頼する税理士に調査を依頼する

  • 遺産分割協議を依頼する弁護士に調査を依頼する

  • 相続専門の士業や不動産会社に調査を依頼する

専門家に依頼するメリット

専門家に依頼するメリットは、以下のとおりです。

  • 正確な調査が期待できる

  • 漏れやミスを防ぐことができる

  • 手間と時間をかけずに調査を完了できる

  • 専門家のアドバイスを受けながら調査を進めることができる

相続財産の調査のポイント

相続財産の調査を行う際には、以下のポイントを押さえておくとよいでしょう。

  • 早めに調査を開始する

  • 遺産分割協議を開始する前に調査を完了する

  • 借金などのマイナス財産も必ず調査する

相続財産の調査は、相続税の申告や遺産分割を行うために重要な手続きです。自分で行うことも可能ですが、専門家に依頼することでより正確かつ迅速に調査を完了することができます。

相続財産の調査を依頼する際は、相続税の申告や遺産分割の経験が豊富な専門家に依頼することをおすすめします。


私は、相続財産の調査は、相続における最も重要な手続きの一つであると考えています。なぜなら、相続財産の調査が正確でなければ、相続税の申告や遺産分割が適切に行われず、相続人にとって不利益な結果を招く可能性があるからです。

また、相続財産の調査は、被相続人の財産を尊重するという意味でも重要です。被相続人が亡くなった後、その財産は相続人に引き継がれます。相続財産の調査を行うことで、被相続人が残した財産を正しく把握し、相続人が円滑に相続を進めることができるのです。

そのため、私は、相続が発生した場合は、できるだけ早めに相続財産の調査を開始することをおすすめしています。また、専門家に依頼する場合は、知識や経験が豊富な専門家に依頼することをおすすめします。



LINE公式アカウント



閲覧数:5回

Komentarze


bottom of page