top of page
  • 執筆者の写真西川 浩樹

遺産分割の4つの方法を徹底解説!相続トラブルを防ぐための注意点も



遺産相続

遺産の分割とは、故人が亡くなった際に残された財産を、相続人間で分ける方法のことです。遺産分割は、相続手続きの重要な一環であり、相続人全員の合意が必要です。

遺産分割の方法は、大きく分けて以下の4つがあります。

  • 現物分割

  • 代償分割

  • 換価分割

  • 共有

現物分割

現物分割とは、遺産を相続人間で物理的に分ける方法です。例えば、不動産を相続する場合、相続人ごとに土地や建物を分割して分ける方法です。

現物分割は、遺産をそのまま相続人に引き継ぐことができるため、相続税の節税にもつながりやすい方法です。ただし、遺産の種類や相続人の人数によっては、現物分割が難しい場合もあります。

代償分割

代償分割とは、特定の相続人が特定の財産を相続する代わりに、他の相続人に金銭などを渡す方法です。例えば、不動産を相続する場合、相続人のうち1人が不動産を相続し、他の相続人に不動産の評価額を現金で支払う方法です。

代償分割は、現物分割が難しい場合や、相続人間の意思を尊重したい場合に用いられる方法です。ただし、相続税の節税にはつながりにくい方法です。

換価分割

換価分割とは、遺産を現金化した上で、相続人間で分配する方法です。例えば、不動産を相続する場合、不動産を売却してその売却代金を相続人に分配する方法です。

換価分割は、遺産を物理的に分けることが難しい場合や、相続人間の意思を尊重したい場合に用いられる方法です。ただし、相続税の節税にはつながりにくい方法です。

共有

共有とは、遺産を相続人が複数人で共同で所有する方法です。例えば、不動産を相続する場合、相続人全員が不動産の共有者となる方法です。

共有は、遺産をそのまま相続人の間で分けることができるため、手続きが比較的簡単な方法です。ただし、共有物について相続人間でトラブルが発生する可能性があるというデメリットがあります。

遺産分割の注意点

遺産分割を行う際には、以下の点に注意が必要です。

  • 相続人間の合意が必要です。

遺産分割は、相続人全員の合意がなければ成立しません。相続人間で意見がまとまらない場合は、調停や審判の申立てを行う必要があります。

  • 相続税の申告が必要です。

遺産分割によって相続財産の価額に変更が生じた場合は、相続税の申告が必要です。

  • 遺産分割協議書を作成する必要があります。

遺産分割の合意内容を明確にするために、遺産分割協議書を作成する必要があります。遺産分割協議書は、後々トラブルが発生した場合の証拠にもなります。


私は、遺産分割において最も大切なことは、相続人間の合意であると考えています。

相続は、故人の意思を尊重し、相続人全員が納得できる形で進めることが重要です。そのためには、相続人間で十分な話し合いを行い、お互いの考えを理解することが欠かせません。

また、遺産分割は、相続税の申告も必要となるため、専門家に相談することも検討することをおすすめします。

遺産分割は、相続手続きの重要な一環です。相続人間の合意を前提に、適切な方法を選択することが大切です。




閲覧数:4回

留言


bottom of page