top of page
  • 執筆者の写真西川 浩樹

遺産分割協議書で相続トラブルを防ぐ!必要性や作成方法を解説


遺産分割協議書

誰しもが経験する可能性がある相続。しかし、相続は複雑で争いに発展するケースも少なくありません。そのようなトラブルを防ぐために重要なのが、遺産分割協議書の作成です。 遺産分割協議書とは、相続人が遺産をどのように分割するかを合意した内容を記載した書類です。遺言書がない場合、遺産分割協議書がなければ、相続財産を取得するためには家庭裁判所の調停や審判を受ける必要があります。しかし、調停や審判は時間と費用がかかり、相続人同士の感情的対立を深める可能性もあります。

遺産分割協議書の必要性 遺産分割協議書は、以下の場合に必要になります。

  • 遺言書がない場合

  • 遺言書の内容に相続人全員が同意できない場合

  • 遺言書の一部に相続人全員が同意できない場合

遺言書がない場合、相続財産は法定相続分に従って分割されます。しかし、法定相続分とは、相続人によって異なるため、相続人同士の間で不公平感や不満が生じる可能性があります。また、遺言書の内容に相続人全員が同意できない場合や、遺言書の一部に相続人全員が同意できない場合も、遺産分割協議書の作成が必要になります。

遺産分割協議書の作成方法 遺産分割協議書は、以下の手順で作成します。

  1. 相続人全員で遺産の調査を行う

  2. 遺産をどのように分割するかを話し合う

  3. 遺産分割協議書の案を作成する

  4. 相続人全員で遺産分割協議書に署名・押印する

遺産の調査では、預貯金、不動産、株式、車、家具、衣類など、被相続人が所有していたすべての財産を把握する必要があります。また、遺産には借金などの負の財産も含まれるため、その調査も忘れずに行いましょう。 遺産をどのように分割するかを話し合う際には、相続人全員の意見を尊重することが大切です。話し合いがまとまらない場合は、弁護士や税理士などの専門家に相談するのもよいでしょう。 遺産分割協議書の案を作成する際には、以下の項目を記載します。

  • 被相続人の氏名、生年月日、死亡年月日

  • 相続人の氏名、続柄

  • 相続財産の種類と評価額

  • 相続財産の分割方法

遺産分割協議書に署名・押印する際には、全員の意思を確認してから行いましょう。

遺産分割協議書の注意点 遺産分割協議書を作成する際には、以下の点に注意が必要です。

  • 遺産分割協議書は、相続人全員の合意書であるため、全員の署名・押印が必要です。

  • 遺産分割協議書は、後から訂正や変更が難しいため、内容をよく確認してから作成しましょう。

  • 遺産分割協議書は、家庭裁判所の調停や審判の際に提出する書類となるため、正確な情報を記載することが大切です。

遺産分割協議書で相続トラブルを防ぐ 遺産分割協議書を作成することで、相続トラブルを防ぐことができます。遺産分割協議書を作成することで、以下のメリットがあります。

  • 相続手続きがスムーズに進む

  • 相続人同士の感情的対立を防ぐことができる

  • 相続税の負担を軽減できる可能性がある

遺産分割協議書は、相続の際に必ず作成しておきたい書類です。相続が近い方は、早めに遺産分割協議書の作成を検討しましょう。


閲覧数:5回

Comments


bottom of page